北の大河に棲むトラウト達との出会い


by 釣り吉

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

釣り人の凱旋

d0202215_12134193.jpg

子供の頃から絵を描くのが好きで、社会人になってからは絵画教室にも通った。
最近は暇があれば釣り場に出向くほうが多くなってしまって絵画教室もおろそかになってしまったが気が向けば家で描いている。
今回は『釣り人の凱旋』、釣り場にいるとついついフライが見えなくなるまでその場から離れられなくなるものだ。
帰り道も心地よい疲労感に満たされてされていることは言うまでもない。

インターネットで十九世紀フランスの画家ミレーの絵を見てて思い出した。「落穂拾い、種をまく人、晩鐘」などの作品で有名な画家ミレーの不遇時代のことです。
ミレーとその家族は飢えと寒さに震えていました。そんな時、友人の画家ルソーが訪ねてきて、ミレーの作品を欲しい人がいるので売ってくれないかと言うのです。
ルソーが友の苦しい生活をみかね、また心苦しい思いをさせたくないと「ある人」が買ったことにして、実はルソー自身が買ったのでした。
のちに画家として成功したミレーは、ルソーの没後、知人を通じてこの事実を知り感激に涙を流したといいます。

『友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする』
18世紀、ドイツの詩人シラーの言葉
釣り場においてもしかり、友情にしても恋愛にしても見返りを求めない姿勢、真摯な態度こそ心に響くのである。
さて、来シーズンこそはフィッシングバッグにスケッチブックを忍ばせて渓流に出かけてみよう、、、。

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
by flyman5230 | 2014-12-17 12:19 | fly fishing

十勝川釣行

d0202215_9184069.jpg

北海道はここ数日異常気象と言えるほど局地的な暴風雪、所によっては丸一日で92センチの大雪の地域もあります。
まだ冬が始まったばかりだというのに極端なことがないことを祈るばかりです。雪は山だけにしてほしいのですが自然の摂理からしてもそうはいかないのでしょう。
大雪のところもあればこちらの釣り場は積雪ゼロ、しかしながら外気温はマイナス5度とあって釣りになるのかかなり不安です。
d0202215_936530.jpg

d0202215_9571388.jpg

不安は的中、ロッドガイドに次から次ぎと氷が張り付きます、そしてだんだんラインに抵抗がかかって思うようにラインがキャスト出来なくなってきました。
手で氷を除去しながらですが間違ってもリールを水中に浸すわけにはいきません、リールが凍りついてラインが巻きとれなくなってしまいます、とはいえいくら取り除いてもきりがありません。
こうなったらロッド全体を水中に沈めながらりリトリーブそしてライン回収をすることにします、不本意ではありますが水温は10度ほどはあるのでガイドの氷は自然に解凍、この手が一番です。
とにかく現場に足を踏み込んだ以上あとは外気温がプラスに転じることを期待するしかありません。
d0202215_10342797.jpg

d0202215_1084297.jpg

こんな悪状況のなかでも同行者のY氏はアメマスとの出会いを果たしました、さすがです。
釣り場を4,5キロ下流に移動し第二ラウンド開始です、フライもオレンジスードヘアーテイル、ボディーをUVシェニールのものに交換します、そうこうしているあいだにやっと気温があがってきてロッドに氷が張り付くこともなくなってきました。
出ました、本日初めての生命体の鼓動です、季節は冬ですが愛しの#8/9アルトモアスペイにやっと春がきました。

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
by flyman5230 | 2014-12-06 10:25 | fly fishing