北の大河に棲むトラウト達との出会い


by 釣り吉

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

十勝川アメマス釣行

d0202215_1771220.jpg

遠くの山並みと低く垂れさがった雲の合間にやっとお陽様が顔を出してくれた。
幸い風はないがまだマイナス三度の外気温、気温が低いほうが雪代が入りずらいのはいいがロッドガイドに氷が張り付くのではとそれが若干気になっていた。
ともかくもここまで出向いてきてしまった以上、川に足を踏み入れないで帰るわけにはいかない。

d0202215_1718843.jpg

多少ガイドに氷がまとわりつくが危惧したほどではなかった濁度も申し分ない、そうこうしているうち気温があがりはじめスムーズにキャストできるようになっていた。
思った以上に流れがある、十勝川の下流域にくると潮の満ち引きの影響が釣果にも大きく作用するのだ。
陽が昇れば釣りをしようと単純に決めてしまっているので潮汐の確認もしてこなかったが運が良かったのかもしれない。

d0202215_17282965.jpg

この時期のアメマスは下がりアメマスとも言う、ひと冬河口付近から上流域まで行ったりきたり、捕食する餌も乏しいのかやせ細っていて少し気の毒な気がした。
海に向かおうとしているサケ稚魚を追いかけまわしてもいるのでしょうが大海はもう目の前、漁師さんにとっては厄介者扱いのお魚さんですが我々釣り人にとっては正真正銘ネイティブな釣りの対象魚でもある。ひとまわり大きくなってまたおおいに釣り人を楽しませてもらいたいものです。

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
by flyman5230 | 2015-03-24 17:51 | fly fishing

渚滑川

ひと冬かかってなんとかベニア板に仕上げた、アクリル画です。大きさはF12号くらいでしょうか。
四年ほど前の6月、F氏との釣行時のワンショットを基に描き上げました。気が向いたとき時にしか筆をもたないのでこんなものでしょう。
ときには7,8分、時には一筆、二筆、進むはずがありません。川の流れの表情にも苦労しましたがやはり向こうにある木々の表現でしょうか、近くから遠くへの木の葉のタッチが一様というわけにはいかないのでなかなか難しい。
またひとつ課題が現れました。
d0202215_1436989.jpg

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
by flyman5230 | 2015-03-23 14:36 | art gallery