北の大河に棲むトラウト達との出会い


by 釣り吉

氷の世界

十勝川に到着するとマイナス5度の氷の世界、幸い風はなく、お陽様が出てきて気温が上がってきました。
そこそこサイズが掛かりましたが手元でするりー。
釣り場に立つと心も晴れ晴れ、十勝晴れー。
d0202215_881523.jpg

d0202215_891231.jpg

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
# by flyman5230 | 2015-11-30 08:09 | fly fishing

釣り場水彩

北海道の釣りはどうしても制限があります、特に冬、それでも心だけは釣り場にあります。
「さいはてのー夢は河野をかけめぐるー。」
d0202215_17115590.jpg

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
# by flyman5230 | 2015-11-28 17:12 | art gallery

そこそこ出ました。

「色男、金と力は無かりけり」、色男でもなく金もなく力もないが暇だけはそこそこある輩である。
またもや近くのお気に入り釣り場に足が向いてしまった。足を踏み入れれば必ず釣れるなんて保障はどこにもないが出向かなければお会いすることも叶わないのも事実である。
私はどちらかというとウエットのスイングさせる釣りのほうが好きなのだ。しかしその日その日というのもあるのでしょうがダウンで流してもルース二ングで攻めてもなにもあたりがない、先日は小さいライズがけっこうあったのでドライフライへの反応がよかったが今回は眼を凝らしてみてもモジリすらみえない状況だ、四、五日前に大雨が降ったので上流のほうへでも上ってしまったのだろうかとも思った。
空を見上げるとお陽様がまぶしい、顔がじりじりしてくる、そうだ今日は真夏日の予報が出ていた。
例によってドデかカディスを結びつけてみることにした、フックはmaruto type w13♯6、どちらかというとウエット、ニンフ用のフックだが気にしないことする。

d0202215_1645169.jpg

d0202215_1674129.jpg

d0202215_16191317.jpg

今回も三回ほどジャンプしてくれました、やはり夏の魚は元気がいい。
所属している釣りクラブの会長が昨年亡くなったのですが遺品として引き継いだこの年代物のロスリールでの釣果だったのがなによりうれしい、クラシカルな逆転音もとても心地いい。
このあとは小さいアメマスと子ニジの反応がありましたがさすがの猛暑にギブアップです。

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
# by flyman5230 | 2015-07-28 16:14 | fly fishing
d0202215_719685.jpg

やっと濁りもとれていい季節にもなった。
シーズンはじめには水量多く、立ちこみも難しいところも歩き通しやすくなってきた。何年ぶりだろういつもはこのポイントは左岸側からしか入らないので今回は右岸側からヤブこぎをしてたどりついたがあらためていい流れがあることに気がついた。どこにいっても釣り人がいないところはないのだけれど幸いこのポイントは人影が少ない。
この時期になると春先の低水温の時と違って荒瀬や流れのところに魚がつくこと多いのだがひと流しするとまもなく竿先のイエロ-ダンウエットに魚信が届いた。
d0202215_751358.jpg

食らいついてくれたのはいいが高だかとジャンプそして下流に一気に走りだしました、こうなったら暴れないようにロッドを水平に保ち体力を消耗してもらうのを待つしかありません。慎重に慎重に手元近くまで引き寄せたのですが最後の最後でさよならしてしまいました。釣り師なら理解できるとは思いますがこういうときの脱力感はなんともいいがたいものがあります。
ふと水面をみるとかすかなもじりが見えます、普段はあまり持って歩くことのないドライフライを流してみることにします。どうせですからドデかカディスにします。ついさっきばらした魚かどうかは分かりませんが少し気が晴れました。

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
# by flyman5230 | 2015-07-21 08:07 | fly fishing

濁ってマス。

d0202215_12451776.jpg

ひとつめポイント。相変わらず水量多く笹濁りもとれていない、それでもそこに山があるがごとく川があるから出向くのがturikiti(ツリキチ)なのだ。
実はこの石狩川最上流域に特大のため池がある、その名も大雪ダム多目的ダムである、中流域にかけては広大な水田地帯、ゆえにとくにこの季節は農業用水を大量に必要とすることもあり放水調整をしているわけだが基は雪解け水ということもあり流れに手を浸すとちぎれるほど冷たい。
くわえて先日の低気圧影響もあり濁りがとれてない状況もあるのだ、それでもなんとか釣りたい、川に足を踏み入れた以上釣り人なら誰しも思うはずだ。
d0202215_1323655.jpg

d0202215_1332239.jpg

ふたつめのポイント、今回は左岸側から狙うことにしたのだが川に足を踏み入れると対岸側50メートル位下流に浮きルアーの釣り人がいる、年恰好はどうみても五十代後半のおやじさん。
黄色と濃い青のツートンカラーの派手な長靴を履いて帽子はかぶってなく、頭部上部は茶髪なのだが横側は白茶けている、どうみても白髪隠しで染め上げているとしか思えない。
それはともかくひと流ししてみたがなんの反応もない、20分ほど時間がたっただろうか対岸の若作りおやじさん突然川岸の草むらからスーパーの白いレジ袋をぶらさげて、ニヤッとこちらを見て振り向いたかとおもうと悠々と引き上げていったのでした。
そうかー、石狩川が釣れないのは自分の腕前が未熟なわけではなくおやじさんたちのお持ち帰りがおおきな要因のひとつだったのかと勝手に自分を納得させたのでした。
d0202215_13315273.jpg

d0202215_13381738.jpg

三つ目のポイント、やっとこせ魚の顔をみることができました。いままでTFO#4スイッチロッドにはエアフロSkagitSwitch360grを乗せていましたが今回はBeulah TonicSkagit Short18ft200gr、ティップはtypeⅢの新しいラインシステムでの釣果でした。
思った以上にオーバーヘッドさえも振り抜きも良く負荷も感じさせないので今季の出番もたびたびあるかもしれない。

ブログ作成の励みになります、よろしければバナーのクリックをお願いします (バナーの上でCtrlキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



絵画 ブログランキングへ

[PR]
# by flyman5230 | 2015-05-24 13:56