初秋の本流

d0202215_1353478.jpg

北海道の秋の訪れは駆け足でやってくる。
つい先日までは本州に負けず劣らずの連日の猛暑続きでこの日本最北の地も記録づくしとなったようだ。エアコンのない我が家は夏の暑いときも自然換気にまかせてなんとかこの夏を乗り切ったがさすがに昨晩からは夏掛け布団では少し肌寒く、厚めの布団に切り替わった。
これだけ猛暑が続くと川の魚も暑さ対策のためか体力の消耗を少しでも軽減するべくあまり動き回らなかったのだろうか、時に大物捕獲の情報もあったが夏はみな苦戦模様のようだった。
今日は昼過ぎから雨が落ちてくるような予報なので前回よりは早めに川に出かけることにした。
といっても早かろうが遅かろうが魚が待ってくれているわけでもないのですが。


d0202215_14152830.jpg

このポイントは二週間ぶりだが状況が一変していた、まずは水量がかなり低くなっていることそして前回はぎりぎり釣りになるかという透明度だったが今回は透明度よし、天候はうす曇空で申し分なし。水温も魚にとっては活動しやすい環境が整ってきたようにように思う。
百メートル先のポイントも前回は歩き抜けれるどこではなかったが今回はウエーディングスタッフなしでも楽々です。
あとはシステムのマッチングというところなのですが肝心貫目のこのへんが一番難しいところでしょうか。
流れそのものは早いところもあるので今回はロッドはTFOSwitch#8、ラインはスカジットインター510g、ティップはType3とした。
フライはリードに黒を基調としたボディーにハックルにギニヤナチュラル、ドロッパーにはテールにオレンジのスードヘアーボディはオリーブのUVシェニール、ハックルにギニヤナチュラルといたってシンプルなものとした。

d0202215_14381486.jpg

今回はいつになく反応があります、50cmに少し足りませんがこれを含めて5匹の釣果。
私には上出来です。

d0202215_1512597.jpg

海へ川へ、釣旅はまだまだ続きます。
[PR]
by flyman5230 | 2012-09-09 15:08 | fly fishing